コラム

マンションなどの修繕工事と改修工事の違いって?

こんにちは!埼玉県川越市に拠点を置き、リフォーム・リノベーション工事や外装工事、マンションの修繕・改修工事や店舗の内装工事などを行っております、OnenessGood株式会社です。
マンションなどの工事を考えたときに、修繕工事や改修工事がありますが、その違いとはどのようなものなのでしょうか。
今回は修繕工事と改修工事の違いについてご紹介いたします。

修繕工事とは


修繕工事とは、壊れた箇所を新築時の状態に戻すための工事となります。
資産価値を回復させることを目的としています。
ですので、マンションの資産価値を守るために、故障している箇所を修復していくのが修繕工事となり、それをマンション全体で、長期間にわたって行う工事が大規模修繕工事となるということですね。
また、その都度壊れてしまった箇所を直すための工事を補修工事といいます。

改修工事とは

改修工事とは、新築時以上の状態にグレードアップさせるための工事のことです。
修繕工事は資産価値をもとの状態に回復させる工事でしたが、改修工事は資産価値を更に上げるために行う工事です。
新築時より耐震化をしたり、省エネ化をしたり、少し古い建物だと、ネット環境のない建物のネット環境を整えるための工事なども改修工事にあたります。

自分に合った工事を行いましょう

元に戻すのが修繕工事、更によくするのが改修工事ということがおわかりいただけたかと思います。
今後どのようにお部屋を使用するかによって、ふさわしい工事も変わってきます。
この後も長く暮らしていくために工事を行うのか、資産価値をもっと上げるために工事を行うのかで、工事の内容も変わりますね。
どこに重点を置いて工事を行うのか、しっかり考えてから工事を行うようにしましょう。

マンションの改修工事のことならお任せください


弊社では、マンションの大規模修繕工事や改修工事を行っております。
マンションの大規模修繕工事をお考えの際はぜひ弊社へご相談ください。
また、リフォームやリノベーション工事も行っておりますので、間取りを変えたり、水回りのリフォームをしたいなどのご要望にも対応可能です。
マンションの修繕・改修工事やリフォーム・リノベーション工事をお考えの際はぜひお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最近の投稿

月別アーカイブ

月を選択

カテゴリー